ページの先頭です。
トップページ > 子育て応援お役立ち情報
ナビゲーション ←メニューを表示します。

子育て応援お役立ち情報

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月3日更新
Yamamoto とっておき情報

人形劇「かさじぞう」公演

「かさじぞう」公演写真

 1月28日土曜日に、秋田県を拠点に活動している「人形劇団クスクス」による人形劇「かさじぞう」の公演が山元町こどもセンターで行われました。

 当日は、町内外のお子さんや保護者の皆さん、地域の皆さんなど約120人が来館され、人情味あふれる人形劇の世界を楽しみました。

 今回上演していただいた「かさじぞう」は、平成28年度児童福祉文化賞・舞台芸術部門を受賞した作品であり、繊細な人形演技と作りこまれた舞台美術に、皆さんとても感動していたようです。

 山元町こどもセンターでは、これからも子どもたちに本物の舞台芸術を鑑賞する機会を提供し、創造力・想像力や情操豊かな心を養い、子どもたちの健やかな成長を支援してまいります。

平成28年度児童福祉文化賞・舞台芸術部門受賞作品
人形劇「かさじぞう」公演

  秋田県を拠点に活動している「人形劇団クスクス」による人形劇の公演を開催します。

人形や舞台はすべて手作り。夢ひろがる人形劇の世界を、皆さん、どうぞお楽しみください。

◆日 時 平成29年1月28日(土曜日)
       午前10時30分から午前11時15分
◆場 所 山元町こどもセンター
◆内 容 人形劇「かさじぞう」
◆対象者 どなたでも
◆入場無料、事前申し込み不要です。
かさじぞうかさじぞうイメージ図

 雪国の静かな山里の景色です。助け合って生きる人々の暮らしを丁寧に描かれています。

繊細な人形演技と作りこまれた舞台美術をご堪能ください。

人を助けるのは、やっぱり「人の温もり」ではないでしょうか。

新保育所の開所に向け、着々と準備中!

保育所外観

平成28年5月11日(水曜日)~14日(土曜日)、イケア・ジャパン(株)の支援により、新保育所に家具が設置されました。【写真:施設外観】

家具を設置するイケア・ジャパン(株)社員の皆様

家具の組み立てを行うイケア・ジャパン(株)の従業員の方々。

生活に必要な物をたくさん支援していただきました。

設置されたロッカー

ロッカーや本棚、いす、机など多くの家具が設置されました。

設置されたソファといす

図書コーナーには、ソファーやかわいいいすを設置していただきました。

今後、本棚が設置される予定です。

  

町では、引き続き、一人ひとりの子どもたちが笑顔になれるよう、子育て拠点施設の1日も早い開所を目指し、全力で取り組んでまいります。 

子育て拠点施設 新築・復旧工事が完了しました!

保育所外観

平成27年8月に着工した子育て拠点施設(保育所・児童館・子育て支援センター・山下第二小学校児童クラブ)の新築・復旧工事が、平成28年3月末に完了しました。【写真:施設外観】

1歳児保育室

保育所は安全性と採光、通気に配慮した設計で、子どもたちが快適に過ごせる保育環境を整備しました。

室内は木造の特色を活かした、木の優しさに包まれた空間をベースにしています。【写真:1歳児保育室】

子育て拠点施設外観

児童館、子育て支援センター、山下第二小学校児童クラブは、多角形(円形状)の建物にそれぞれの機能を集約して、相互の連携や管理がスムーズに行えるようにしました。【写真:施設外観】

多目的ホール

児童館は、多目的ホール、集会室、創作活動室、図書室、そして静養室を兼ねる和室を備えています。【写真:多目的ホール】

子育て支援センターには、子育て中の親子(乳児・幼児と保護者)が気軽に集うことができる交流スペースを整備しました。ミニキッチンやウッドデッキも備えています。

山下第二小学校児童クラブは、主に隣接する山下第二小学校の児童1年生~6年生を対象とする放課後児童クラブで、専用スペースとして児童クラブ室を整備しました。

  

 現在は、平成28年7月24日(日曜日)の開所に向けて準備を進めています。 

株式会社NTTdocomoよりICT教育のためにipadなどを寄附いただきました!

目録贈呈の様子

この度、株式会社NTTドコモ様の被災地支援として、山元町の復興の新しいシンボルの一つとなる「子育て拠点」の児童館、子育て支援センターにおいて、子どもたちや子育て世代のためのICT教育や情報提供に活用できるICTツールを寄付いただき、その寄贈式が行われました。

支社長からの挨拶の様子

株式会社NTTドコモさんは、震災後、社員の皆さまの給与から毎月311円を寄付として積み立てていただいており、被災3県に対しご支援いただいているところ、今回山元町にも支援いただくこととなりました。

寄付品の一部

支援いただくのは、iPad45台、電子黒板、プロジェクターやスクリーン、子どもたちのワークショップに必要な机や椅子など1,000万相当の物品です。

 贈呈式の様子 

 今後、いただいた寄贈品を活用して、ママたちが作る子どもたちのためのレシピ公開や保護者や子どもを対象としたスマホ・ケータイ教室、電子工作玩具を活用したデジタルモノづくりイベント、子どもたちが山元を「知る」ためのまちあるきワークショップなど、子どもたちのICT教育のためだけではなく、山元の地域活性化のために活用していきたいと思います。

子育て拠点 いよいよその姿が見えてきました!

~子育て拠点施設新築・復旧工事の進捗報告~

平成27年8月に着工した保育所、子育て支援施設(子育て支援センター、児童館、山二小放課後児童クラブ)の工事も、木造の柱が建ち並び、いよいよその姿が現実としてイメージできるようになってきました!

保育所内部

保育所内部

保育所外観

保育所外観(天井)

子育て支援施設外観

子育て支援施設外観
(児童館の多目的ホール天井部分)

子育て支援センター

子育て支援施設内部
(子育て支援センター部分)

夏の開所に向け、進捗状況を随時報告いたします。

第4回ベビーマッサージ講座を開催しました!

ベビーマッサージ集合写真

11月8日(日曜日)、南保育所にて、第4回目となる蛯原英里さんを講師にお迎えしてベビーマッサージ講座が開催されました。今回は、生後3か月の赤ちゃんから1歳8か月の赤ちゃんが参加しました。

ベビーマッサージ講座の様子

今回は、初めてベビーマッサージを体験する方も多く、みんな真剣に蛯原さんの話を聞いて、学んでいました。

ベビーマッサージ講座の様子2

赤ちゃんは、背中をマッサージされると、うっとり…♪
気持ちよさそうにしていました。

ベビーマッサージ講座の様子4

赤ちゃんもお母さんも親子のスキンシップの時間をとっても楽しむことができたようです♪ゆったりとした素敵な時間でしたね☆

 今回参加された皆さん、おうちでもベビーマッサージ続けてみてくださいね!
 ご参加いただきありがとうございました☆
 町では、今後も子育て支援のイベントを開催していきます!
 みなさんのご参加をお待ちしております。

子育て拠点、いよいよ着工!

写真

8月24日(月曜日)、子育て拠点施設新築・復旧工事の安全祈願罪が新山下駅周辺地区新市街地内で執り行われました。

写真2

祈願祭には、町関係者をはじめ、町議会議員や区長、施工業者など約50人が参列し、関係者一同で、工事期間中の安全と早期完成を祈願しました。

鳥瞰図

建設する子育て拠点施設は、保育所、子育て支援センター、山下第二学校児童クラブの施設からなり、その敷地面積は約7935平方メートル。

来年夏の開所を目指しています。

内観図

山元町初となる児童館は、雨天時にも子どもたちが元気に活動できる多目的ホール、その他にも集会室や創作活動コーナーや図書室を設けています。

また、子育て支援センターには、子育て中の親子が気軽に集え、子育てに関するイベントやセミナーができる交流スペース、ミニキッチン、授乳室などを設けています。

来年夏の開所を目指して、子育て支援班では楽しいオープニングイベントや子育て支援のセミナーを企画中!

みなさまからのアイデアをお待ちしております!