ページの先頭です。
トップページ > 子育て応援お役立ち情報 > すこやか絵本事業について
ナビゲーション ←メニューを表示します。

すこやか絵本事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年9月11日更新

 山元町では、町の未来を担う子どもたちのすこやかな育ちを願い、親子の触れ合いの機会を増やし、子どもの豊かな情操を育むことを目的とした『すこやか絵本』事業をおこなっています。

1歳6ヵ月からのブックスタートとして ~1歳6~8ヵ月児健診対象のお子さんに~

あらかじめ選定された15冊から希望の絵本2冊を選び、事前に申請書を提出してください。
町で実施する乳幼児健診(1歳6~8ヵ月児健診)時に、やまもとオリジナルトートバックに入れてお渡しします。
対象児童の保護者の方には、健診前に郵送でご案内します。

読み聞かせは1歳ごろから始めるのが望ましいと言われており、読み聞かせをしていく中での親子の会話、親子のふれあいは、大切な心の栄養を育みます。
また、読み聞かせを続けることで、言葉の発達や考える力、豊かな感性を培うことができます。

トート

<苺と林檎のイラストが可愛いオリジナルトートバックに入れて>

選定絵本15冊はこちらをご覧ください。  
平成27年度選定絵本ラインナップ [PDFファイル/214KB]

3歳から広がる世界 楽しく学ぶ教育・知育ツール ~3歳児健診対象のお子さんに~

あらかじめ選定された絵本5冊、教育・知育ツール5点の中から希望のもの一つを選び、事前に申請書を提出してください。
町で実施する乳幼児健診(3歳児健診)時に、やまもとオリジナルトートバックに入れてお渡しします。
対象児童の保護者の方には、健診前に郵送でご案内します。

    絵本1  絵本2  絵本3  絵本4  絵本5

【3歳から出会う物語絵本 選定5冊】
わくわく、ドキドキしながら、ユーモアやスリル、友情、チャレンジや助け合い、自然の美しさを感じられるような絵本、おかあさん世代も懐かしい絵本、すぐれた絵本に贈られる賞を受賞している絵本などを選定しました。
読み聞かせは3歳~4歳から、自分で読むなら小学校低学年まで長くつきあえる絵本。お子さんにとって想い出に残る絵本となるでしょう。

ABC  あいうえお  ばばば  ちず  しりとり

【3歳から広がる世界 教育・知育ツール5点】
豊かな感情の基礎づくりに加え、さらに「知育」や「教育」「トレーニング」が必要な3歳からのお役立ちツールを選定しました。「あいうえお」や「ABC」といった『ことば』、『生き物』や『食べ物』、『あいさつ』や『生活』などをカードやパズルといった楽しいツールで、子どもたちの世界を広げます。

選定絵本・ツールはこちら 
平成27年度選定絵本・ツールラインナップ [PDFファイル/444KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)