ページの先頭です。
トップページ > 子育て応援お役立ち情報 > 山元町こどもセンターの紹介
ナビゲーション ←メニューを表示します。

山元町こどもセンターの紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月3日更新

山元町こどもセンターの紹介

山元町こどもセンターは、町内初となる児童館、子育て支援センターと、山下第二小学校児童クラブの3つの機能を兼ね備えた施設です。木のぬくもりに包まれた、アットホームな雰囲気の施設となっています。0歳から18歳までの児童と、未就学児の保護者の皆さんが自由に過ごすことができます。

 開館時間 午前10時~午後6時30分
 休館日 日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

こどもセンター

地域に愛されるこどもセンターを目指して・・・

ICTツールを活用した事業

こどもセンターには、(株)NTTドコモ様から寄贈いただいたIpad45台や電子黒板2台、little Bits(リトルビッツ)があります。公共施設でこれだけの種類と数が揃っているのは、全国的にも大変珍しく、今後、関係機関との連携を図りながら、ICTツールを活用した遊びや事業に取り組みます。

little Bits(リトルビッツ)とは
リトルビッツは磁石で簡単に電子回路をつないで学べるオープンソースの電子工作キットです。
「ボタン」「ライト」「モーター」などの様々な役割をもったBits(ビッツ)と呼ばれる小さなモジュールを直感でつなげて、発想力に富んだ仕掛けが作れます。リトルビッツは専門的な知識を必要とせず、シンプルで自由度が高いことが支持され、現在では70以上の国で販売され、2,000以上の学校で教材として使われています。
リトルビッツ

◆子育て支援センターでは、全国初!
大分を拠点に活動する造形作家・有馬晋平さんの杉やひのきの作品を配置

有馬晋平さんの代表作ともいえる「ビッグスギコダマ」や、大きな杉でできたクローバー型の泉(プール)、木のトンネルがあります。
泉の中には、ひのきでできた手のひらサイズの“たまご”がたくさん!
木のぬくもりに包まれた優しい雰囲気となっています。
有馬さんの作品は、場所やシーンにあわせて一つ一つ手作りで製作されており、子育て支援センターにある作品も、山元町の子どもたちのために作っていただいたものです。泉の形が四つ葉のクローバーではなく三つ葉としたのは、非日常よりも身近な日常を大切にしてほしいとの思いが込められています。
子育て支援センター

“まぁ~るい”施設で、“まぁ~るい”心と“まぁ~るい”繋がりを育みます!

こどもセンターパンフレット [PDFファイル/814KB]

子育て拠点施設パンフレット [PDFファイル/2.01MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)