ページの先頭です。
ナビゲーション ←メニューを表示します。

特別児童扶養手当

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

精神又は身体に障害を有する児童について手当を支給し、児童の福祉の増進を図ることを目的にしています。

対象者

精神または身体に政令で定める程度の障害を有する20歳未満の児童を監護する父または母
父母が監護できないときは、父母に代わりその児童を養育する人
ただし、次のいずれかに該当する場合は対象外となります。

  • 児童または手当の支給を受けようとする人が日本国内に住んでいないとき
  • 児童が施設に入所しているとき
  • 児童が障がいを支給事由とする公的年金を受け取ることができるとき

手当月額

等級平成29年3月分まで平成29年4月分から
1級51,500円51,450円
2級34,300円34,270円

※物価の変動により、手当額が変更となることがあります。

手当は認定されると、原則として申請した月の翌月分から支給されます。
支払いは、年3回(4月、8月、11月)、4か月分の手当額毎に請求者の指定した金融機関の口座に振り込まれます。

 ※所得制限限度額を超えるときは支給されません。
  厚生労働省のホームページ(特別児童扶養手当の所得制限額)をご確認ください。

その他

所得状況届

  • 所得状況届は,毎年8月1日現在の状況を把握し,8月分以降の特別児童扶養手当を引き続き受給する要件(受給資格者や扶養義務者などの所得,児童の監護,生計同一関係など)を満たしているかどうかを確認するためのものです。
  • 提出期間は,毎年8月12日から9月11日までとなっており、提出がない場合には、その年の8月分以降の手当が受給できなくなりますので、ご注意ください。

必ず届出が必要な事項

次のような場合は、特別児童扶養手当の受給資格がなくなりますので、必ず「資格喪失届」を提出してください。

  1. 対象児童を監護しなくなったとき
  2. 受給資格者や対象児童が日本国内に住所を有しなくなったとき
  3. 受給資格者や対象児童が死亡したとき
  4. 対象児童が児童福祉施設,身体障害者更正援護施設,知的障害者援護施設に入所したとき
  5. 対象児童が障害を理由とする年金を受けることができるとき  など

 その他制度の概要等については、宮城県のホームページ(特別児童扶養手当について)をご確認ください。

◆問い合わせ先:子育て支援班