ページの先頭です。
トップページ > くらし・環境 > 消防・救急 > 消防 > 消防団協力事業所表示制度がスタート

消防団協力事業所表示制度がスタート

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年9月26日更新

消防団協力事業所表示制度とは

 有事の際、地域防災の中核的存在として、重要な役割を果たす消防団ですが、近年の就業構造の変化により、団員の多くが事業所等の被雇用者となり、今後の消防団活動の充実や団員確保のためには、 事業所から消防団活動に対する理解や協力をいただき、被雇用者でも消防団に入団しやすく、かつ、活動しやすい環境づくりを進めることが必要となります。
 そこで、従業員の消防団活動を積極的に協力する事業所に「消防団協力事業所表示証」を交付し、町広報紙やホームページなどでお知らせする「山元町消防団協力事業所表示制度」 を平成25年4月からスタートします。
消防団協力事業所に認定されること、表示証を社屋に掲示できるとともに、自社のホームページやパンフレット等でPRすることもでき、住民や顧客から社会貢献している事業所として認識され、 事業所の信頼性の向上とイメージアップに繋がります。
 消防団と事業所との新たな協力体制を構築し、地域防災力の維持・向上に努めていきます。

認定基準

次の基準のいずれかに該当する事業所等が、認定されます。

  1. 従業員が消防団員として、2名以上入団している事業所等であること。
  2. 従業員の消防団活動について、積極的に配慮している事業所等であること。
  3. 災害等における資機材等の提供などの協力をしている事業所等であること。
  4. その他消防団活動に協力することにより、地域の消防防災体制の充実強化に寄与しているなど、町長が特に優良と認める事業所等であること。

認定の流れ

  1. 申請書の提出(役場危機管理室危機管理班へ)
  2. 審査(事業所の協力内容を確認)
  3. 認定(消防団協力事業所表示証の交付)
  4. 交付された表示証を自社H等で公開 事業所のイメージアップに!

認定申請方法

下記の要綱を確認のうえ、様式にご記入の上、申請して下さい。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)