ページの先頭です。
トップページ > 目的でさがす > ライフイベント > 妊娠・出産 > 山元町特定不妊治療費助成事業のお知らせ

山元町特定不妊治療費助成事業のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月1日更新

山元町特定不妊治療費助成事業について

山元町では、特定不妊治療(体外受精又は顕微授精)を受けられたご夫婦の経済的負担を減らすため、治療費の一部助成を行っています。助成を希望される方は、役場保健福祉課に申請してください。

対象者

ご夫婦又はご夫婦のいずれかが町内に住所を有し、“宮城県不妊に悩む方への特定治療費支援事業”※の承認決定を受けていること(治療期間及び申請日において山元町に住所を有する方が対象となります)
※“宮城県不妊に悩む方への特定治療費支援事業”について

助成対象となる治療

平成28年4月1日以後に行った特定不妊治療(体外受精又は顕微授精)で、宮城県知事が指定した医療機関で行われ宮城県知事が認めた治療(治療が終了した日から1年以内に申請してください)

助成内容

 (1)治療方法「A」「B」「D」「E」の場合1回の治療につき10万円を上限※ 
 (2)治療方法「C」「F」の場合1回の治療につき5万円を上限※ 
  ※治療方法は、“宮城県不妊に悩む方への特定治療費支援事業”に示されているものです。詳しくは仙台保健福祉事  
    務所岩沼支所(電話0223-22-2188)にお問い合わせください。

  ◇(1)(2)ともに支払った治療費から県の助成額を除いた私費分が対象となります。他市町村における助成を受けた場
    合は、助成の対象にはなりません。

申請の手続き

保健福祉課に以下の書類を添えて提出してください。

(1)山元町特定不妊治療費助成事業申請書…役場保健福祉課でも配布します
     申請書のダウンロード(申請書 [PDFファイル/138KB] )
(2)宮城県不妊に悩む方への特定治療支援事業承認決定通知書の写し
(3)宮城県不妊に悩む方への特定治療支援事業受診証明書の写し及び本申請の治療に要した費用の領収書の写し 
(4)夫婦であることが確認できる書類(戸籍謄本)
(5)申請者及びその配偶者の住所が確認できる書類(住民票)

 ◇ 申請時に印鑑と銀行口座(本人名義)がわかるものをご持参ください
 ◇ (4)と(5)については、ご夫婦とも町内に住所がある場合は省略できます

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)