ページの先頭です。
トップページ > 健康・福祉 > 福祉・介護 > 障がい者福祉 > 山元町第2期障害者計画・第4期障害福祉計画を策定しました

山元町第2期障害者計画・第4期障害福祉計画を策定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月12日更新

山元町第2期障害者計画・第4期障害福祉計画を策定しました

  山元町では、障害のある人が、慣れ親しんだ地域で自分らしく生活ができるよう、様々な施策を進めていくために、平成27年3月に「障害者計画」、「障害福祉計画」を策定しました。 

  また、「第2期障害者計画」は障害者基本法11条の規定に基づき、障害者のための施策に関する基本的な事項を定める計画です。「第4期山元町障害福祉計画」は、障害者総合支援法第88条第1項の規定に基づく市町村障害福祉計画であり、「生活支援」部分に関する実施計画です。

○計画の基本理念

「ささえあいとふれあいのある健やかなまち」

  これからの障害者福祉は、ノーマライゼーションの考えのもと、障害のある人が社会の中で孤立せずに、本人の「自己選択」「自己決定」が最大限に尊重され、能力や個性を最大限に発揮できる場や生きがいを創造できる社会環境づくりが求められています。

  そこで、本計画においても障害者福祉施策の目指す姿として、前期と同じく「支え合いとふれあいのある健やかなまち」を継承し、基本理念として掲げます。

  地域でともに暮らし、みんなで支え合いながら、誰もが自分らしい暮らしを実現できるまちとなるよう、障害への理解と支え合いの町民意識を醸成し、支援体制や生活環境の充実を目指します。

○計画の施策体系

  山元町では、「ささえあいとふれあいのある健やかなまち」を障害福祉施策の基本理念として掲げています。この基本理念のもと、町の障害福祉施策の体系について、次の11の基本的大項目と、それにぶら下がる57の分野別項目を設定し、この計画の総合的かつ計画的な推進による基本理念の実現を目指します。

  ■ 山元町第2期障害者計画・第4期障害福祉計画(概要版) [PDFファイル/2.99MB]

  ■ 第2期山元町障害者計画(計画期間:平成27年度~平成32年度) [PDFファイル/6.64MB]

  ■ 第4期山元町障害福祉計画(計画期間:平成27年度~平成29年度) [PDFファイル/2.36MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)