ページの先頭です。

汚水処理のしくみ

印刷用ページを表示する 掲載日:2006年9月29日更新

汚水を流す職員の写真

流入水の写真
流入水は、ご覧のとおりほとんど水で、固形物はあまりありません。

平成28年8月3日の水質検査結果
透視度5度
BOD(生物化学的酸素要求量)140.0ミリグラム毎リットル
SS(浮遊物質量)55.0ミリグラム毎リットル
窒素含有量37.0ミリグラム毎リットル
リン含有量4.7ミリグラム毎リットル

オキシデーションディッチ槽の写真
オキシデーションディッチ槽で活性汚泥(茶色)と流入水を混合し、撹拌と停止を繰り返します(イメージ)。

活性汚泥を沈降している写真
処理が終了したら、今度は活性汚泥を沈降させます。上澄水は、放流水となり汚泥は、活性汚泥としてオキシデーションディッチ槽に戻され再利用されるものと、余剰汚泥として処理されるものに分けられます。

放流水を高さ100センチメートルの容器に移した写真
放流水の透視度は、底部にある(×)印がどの水位の高さで見えるかにより測定します。

容器の上から底部を覗いた写真
上の写真は100cmの水位から見たものです。

平成28年8月3日の水質検査結果
透視度30度以上
BOD(生物化学的酸素要求量)1.9ミリグラム毎リットル
SS(浮遊物質量)1.1ミリグラム毎リットル
窒素含有量5.3ミリグラム毎リットル
リン含有量1.8ミリグラム毎リットル

放流水の写真

脱水汚泥の写真
余剰汚泥は脱水機により、脱水汚泥として処理されます。汚泥は脱水されると、容量が1/10近く縮小するので、経済的に処理することができます。

平成28年8月4日の水質検査結果
MLSS1,710ミリグラム毎リットル
含水率81.6%