ページの先頭です。
トップページ > 組織で探す > 上下水道事業所 > 「山元町上下水道事業包括的業務」における公募型プロポーザルの審査結果について

「山元町上下水道事業包括的業務」における公募型プロポーザルの審査結果について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年11月28日更新
 

「山元町上下水道事業包括的業務」における公募型プロポーザルの審査結果について

 平成26年8月11日付けで公告した「山元町上下水道事業包括的業務委託」について、公募型プロポーザル方式により事業者選定を行うため募集したところ、1者から応募があり、審査を行ったところ、次のとおりの結果となりましたのでお知らせします。

  審査の方法

 企画提案者のプレゼンテーション及び質疑を行い、次の項目毎の配点に基づき、山元町上下水道事業包括的業務委託プロポーザル審査委員会(以下、「審査委員会」という。)による審査を実施し評価しました。

審査項目(配点)

・業務実施コンセプト(5点)

・業務実施体制(10点)

・担当予定者の資格・経験(5点)

・各業務の要求事項に対する考え方及び具体的な業務実施計画(合計25点)

 (1)水道施設等運転管理業務(7点)

 (2)下水道施設運転管理業務(10点)

 (3)上下水道事業料金関係業務(8点)

・危機管理・安全対策の提案(10点)

・管理方法及びコスト縮減等の工夫、効果的な手法等の提案(10点)

・町民サービス及び地元活用に関する提案(5点)

・見積価格(30点)

審査委員会の開催

第1回

・日時:平成26年8月6日(水曜日)午後1時30分~

・場所:山元町役場第1仮庁舎 第1、第2委員会室

・審議事項:包括的業務委託の概要説明

      提案評価基準書等の審議

      施設見学

 第2回

・日時:平成26年11月25日(火曜日)午前11時~

・場所:山元町役場第1仮庁舎 第1、第2委員会室

・審議事項:プレゼンテーション及びヒアリングの進行方法

      審査結果の公表方法

 第3回

・日時:平成26年11月25日(火曜日)午後1時15分~

・場所:山元町役場第1仮庁舎 第1、第2委員会室

・審議事項:総合評価点の集計

      最優秀提案者の選定

      審査講評

審査結果

水ing株式会社東北支店 82点(優秀提案者)

審査委員会の講評

 企画提案書の提出は1者のみでしたが、優秀提案者として相応しいか審査委員会において厳正に評価を行いました。

 企画提案者は、包括的業務委託の豊富な業務実績を有し、料金等関係業務と上下水道施設維持管理業務を一元的に管理する提案、東日本大震災を踏まえた危機管理対応への提案、多くの業務経験者を配置した履行体制の提案がなされ、適正かつ円滑に業務を遂行できる能力が認められました。

 また、本包括的業務の効率的な維持管理を実現するための多くの独自提案や地元雇用、地元企業の活用についても提案がなされ、山元町の上下水道事業の経営健全化に寄与したいという意欲も感じることが出来ました。

 一方、料金等関係業務と上下水道施設維持管理業務を包括することによるコスト縮減効果の定量的な評価、企画提案者からのさまざまな提案に対する具体的な実行と継続的な評価、などを期待する意見がありました。

 以上を評価した結果、水ing株式会社東北支店を優秀提案者に選定しました。

 なお、平成27年度からの委託業務の実施に当たっては、委託者である山元町上下水道事業所との連携に努め、優秀提案者の特性や提案を活かしながら業務の円滑かつ効率的な遂行を期待します。

審査委員会委員

 ◎委員長

 大村 達夫(東北大学教授)

○副委員長

 小浜 一好(横浜市環境創造局下水道施設部長)

・委員

 松明  淳(公益社団法人日本水道協会調査部長)

 藤田  仁(宮城県土木部下水道課技術副参事兼技術補佐)

 後藤 正樹(山元町企画財政課長)

 庄司 正一(山元町震災復興整備課長)

 荒  勉 (山元町上下水道事業所長)