ページの先頭です。
トップページ > くらし・環境 > 上下水道 > 上下水道の利用 > 上下水道の利用(開始・停止・料金・支払方法・漏水・下水接続・清掃方法)

上下水道の利用(開始・停止・料金・支払方法・漏水・下水接続・清掃方法)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月11日更新

水道を使用する場合の届け出

 転入などで水道を使用するようになったときや、使用者の名義が変わる場合、転出などで使用を停止する場合は、事前に水道お客さまセンター(0223-37-1120)にご連絡ください。

  ・水道お客さまセンターは、土曜日の午前8時30分から正午まで、開閉栓・名義変更等の電話対応を含めた窓口営業をしております。ぜひご利用願います。

水道料金

 水道料金は、基本料金と従量料金を合わせた額に消費税を加算した金額となります。

(給水料金=2ヵ月につき)※税抜き
メーター 口径13mm20mm25mm30mm40mm50mm75mm
基本料金
(メーター1個につき)
3,400円3,600円4,500円5,300円7,400円10,400円19,800円
従量料金
第1段第2段第3段第4段第5段
20立方メートルまでの水量1立方メートルにつき80円21立方メートルから40立方メートルまでの水量1立方メートルにつき245円41立方メートルから100立方メートルまでの水量1立方メートルにつき260円101立方メートルから200立方メートルまでの水量1立方メートルにつき270円201立方メートル以上の水量1立方メートルにつき280円

計算例
メーター口径20ミリメートル、2カ月(2カ月ごとの検針)の使用水量が50立方メートルの場合
※水道料金は、基本料金・従量料金・メーター使用料の合計額に消費税を加算した金額です。

基本料金            3,600円
従量料金 第1段階      1,600円(20立方メートル× 80円)
  〃    第2段階      4,900円(20立方メートル×245円)
  〃    第3段階      2,600円(10立方メートル×260円)
------------------------------------------------
       小 計      12,700円
       消費税(8%)   1,016円
       合 計      13,716円

下水道使用料

 下水道使用料は、水道料金とあわせて2か月に一度ご請求いたします。
 排出汚水量は、水道メーター検針時の水量になります。

(下水道使用料 2ヵ月につき・税抜き)平成22年9月15日改正
区分排出汚水量金額
基本料金20立方メートルまで3,140円
超過料金1立方メートルにつき21立方メートルから40立方メートルまで175円
41立方メートルから100立方メートルまで195円
101立方メートルから200立方メートルまで210円
201立方メートルから1,000立方メートルまで200円
1,001立方メートル以上190円

注1)納入額は、上の表で算出した使用料に消費税を加算した金額になります。
注2)町営水道と自家水道を併用している場合は、自家水道用のメーター使用料が加算されます。

お支払い方法

 上下水道料金は、2カ月に一度、使用水量に応じてご負担いただきます。
 お支払い方法は、金融機関および水道お客さまセンター窓口での納付、自動口座振替の2種類になります。

 ・金融機関および水道お客さまセンター窓口での納付 (お申し込み不要)

  検針の翌月15日頃に、郵送で納入通知書をお送りしますので、水道お客さまセンターおよび次の金融機関窓口でお支払いをお願いします。

  七十七銀行・仙台銀行・あぶくま信用金庫・みやぎ亘理農業協同組合 

 ・水道お客さまセンターは、土曜日の午前8時30分から正午まで、料金収納の窓口営業をしております。平日にお時間を取れない方はご利用願います。

 ・自動口座振替 (お申し込み必要)  おすすめ

  検針の翌月26日頃に、ご指定の金融機関口座から引き落としさせていただきます。
  お申し込みは、印鑑と通帳をご準備のうえ、次の取扱金融機関窓口でお申し込みをお願いいたします。
  なお、自動口座振替の開始までに、最長2カ月程度かかる場合がありますのでご了承ください。

  七十七銀行・仙台銀行・あぶくま信用金庫・みやぎ亘理農業協同組合・ゆうちょ銀行

漏水が発生したときは・・・

 漏水の修理は、町の指定を受けた事業者以外は行うことができません。修理の依頼は、町の指定を受けた業者にお願いします。

 給水工事指定事業者

 水道管破裂などにより急きょ休日に修理したい場合に備えて、町では水道休日当番業者を定めています。休日の漏水修理などについては、休日修理当番業者に依頼してください。ただし、複数の修理が入っている場合は、すぐに対応できないことがありますので、ご了承願います。

 水道休日修理当番事業者

下水道の管理は・・・

 下水道は、大切に利用すれば長持ちしますが、点検や手入れを怠ると、多大な修理費用が発生することがあります。次の点に注意し、下水道を大切に使いましょう。
 なお、修理を依頼する場合は、町公認の排水設備工事業者に依頼してください。

 排水設備等工事事業者

1 排水は汚水と雨水を分けてください

 雨水は下水道管に流すことはできません。雨水を流しますと、山元浄化センター(終末処理場)があふれてしまい汚水が処理しきれなくなります。また、屋根のかかっていない外の水道水などは下水道に流さないでください。

2 詰まる前に点検と掃除を行ってください

 下水道本管及び公共汚水桝(おすいます)は町が管理しますが、宅地内の排水設備は各個人での管理となります。長い間使用していると流れが悪くなったり、詰まることがありますので、定期的に桝のフタを開けて見る等の点検をし、汚れている時は掃除をするよう心掛けてください。

 宅内排水設備の点検と清掃方法はこちら

3 トイレではトイレットペーパーを使用しましょう

 通常のティッシュ等を流すと詰まる原因になります。また、紙おむつや生理用品も流さないようにしてください。

4 台所からゴミや油を流さないでください

 油は新聞紙等にしみ込ませて、燃えるゴミと一緒に出してください。ゴミや油は管内の流れを悪くし、詰まる要因になります。