ページの先頭です。
トップページ > くらし・環境 > 上下水道 > 上水道 > 上下水道料金過誤納未還付事案の発覚(お詫び)

上下水道料金過誤納未還付事案の発覚(お詫び)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月17日更新

上下水道料金過誤納未還付事案の発覚(お詫び) 

 この度、平成21年6月から平成27年1月までの上下水道料金過誤納還付事務において、一部未還付の事実があることが判明しましたので、町民の皆様と関係者の方々へ御報告するとともにお詫び申し上げます。

1 経緯

 平成27年3月、平成26年度の決算整理事務の際、職員が不明瞭な未還付預り金の存在に気付いたことから、納入済み通知書等の解析調査を進めたところ判明したものです。

2 原因

 お客さまが督促状や納付書で料金を二重納付いただいた際に、本町公営企業会計規程に定める還付通知等の事務が滞り、未還付預り金を生じてしまいました。

3 過誤納未還付内訳

(単位:人、円)

対象

年度

総過誤納数

既還付

者数

未還付

者数

上下水道料金(A)+(B)

過誤納未還付額

水道

料金(A)

下水道

使用料(B)

平成21

63

43

20

345,605

275,130

70,475

平成22

34

8

26

416,112

275,452

140,660

平成23

30

9

21

284,835

217,938

66,897

平成24

46

13

33

545,399

378,997

166,402

平成25

29

3

26

271,792

216,789

55,003

平成26

19

7

12

61,687

51,609

10,078

221

83

延べ138

(実数134)

1,925,430

1,415,915

509,515

※上記還付額に期間に応じた還付加算金を加えてお支払いします。

4 今後の対応

 対象者の方へお詫びと還付案内を発送するとともに、電話で御案内いたします。

5 再発防止策

 平成27年度から還付台帳を整理し、適切に還付の御案内を行っております。平成28年度からは取扱金融機関に、納期限を過ぎた納付書を取り扱わないことを依頼したことにより過誤納による二重納付を防ぐ手段をとりました。

 今後は、同様の誤りを繰り返さないよう、厳密なチェック体制を確立し、再発防止とサービス向上に努め、町民の皆様からの信頼を回復できるように取り組んでまいります。