ページの先頭です。
トップページ > くらし・環境 > 上下水道 > 上水道 > 山元町水質検査計画(水道)

山元町水質検査計画(水道)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月9日更新

山元町水質検査計画(水道事業)

・山元町では、水道法に基づく水質基準に適合していることを確認し、水道水の品質と安全性を確保するために行う、「水質検査計画」(平成16年4月に施行された新水質基準の改正に伴い、計画の策定と公表が義務付けられたものです。)を以下の方針に基づき策定しました。

⑴ 水質検査は、自己水源深井戸の原水・栓水(蛇口からの水道水)及び七ヶ宿ダムを水源とする宮城県仙南・仙塩広域水道から受水した栓水について行います。

⑵ 水質検査は、水道法で義務付けられている「水質基準項目」、「毎日検査項目」、管理上留意すべき「水質管理目標設定項目」等について行います。

⑶ 検査頻度は、「毎日検査項目」を各配水エリアの管末給水栓にて、「色」、「濁り」、「消毒の効果」を1日1回検査します。また、「水質基準項目」については、水道法で規定されている頻度で行います。

⑷ 水質検査は、岩沼市、角田市、丸森町、亘理町及び山元町で構成する「岩沼市外一市三町水道水質検査協議会」で行います。

・この計画は、良質で安全な水道水をお届けするうえで必要な水質検査の適正化や透明性を確保するために、採水の場所や検査頻度などを明記したものであり、水道水の品質管理に対するお客さまのご要望にお応えする内容となっています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)