ページの先頭です。
トップページ > くらし・環境 > 上下水道 > 下水道 > 汚泥処理棟のご案内

汚泥処理棟のご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2006年4月2日更新

汚泥処理棟

汚泥処理棟は、地下1階~地上3階建てとなっています。

1階 脱水汚泥搬出口

搬出口
上の写真の丸で囲われた部分が、左下の写真のようになっていてホッパーといいます。
毎日、脱水汚泥を3トン前後搬出しています。

ホッパー

2階 汚泥脱水機室

汚泥脱水機
汚泥脱水機では毎日濃縮された汚泥(濃度18,000ミリグラム毎リットル)を35立方メートル前後脱水しています。

汚泥脱水機内部
上の写真は、汚泥脱水機の内部です。
※仕様 遠心脱水機(No.1 2.5立方メートル/h・No.2 5立方メートル/h)

コンベアー
脱水した汚泥はベルトコンベアー(丸で囲われた部分)で運ばれ、ホッパーに貯留されます。

3階 脱臭機械室

脱臭機械室
脱臭機械室では、各処理室から集められた臭気を土壌脱臭床に送風し、処理場から臭気が出るのを防ぎます。

地下1階 補機室

補機

補機
補機室では、汚泥を脱水するのに必要な事前作業を行います。

凝集剤
この機械で、汚泥を脱水する際に必要な凝集剤を濃度を調整しながら溶きます。