ページの先頭です。
トップページ > 教育 > 学校教育 > 教育委員会 > 山元町小中学生就学援助費 新入学学用品費 事前申請受付のお知らせ

山元町小中学生就学援助費 新入学学用品費 事前申請受付のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月27日更新

山元町児童生徒就学援助 新入学学用品費の事前支給のお知らせ

  •  町では、お子さんが小中学校へ通学するにあたり、経済的にお困りで町の就学援助の要件に該当する保護者の方に対して、新入学学用品費、学用品費、給食費等の就学援助費の支給を行っています。
  • 今回、「山元町児童生徒就学援助実施要綱」の一部が改正され、平成31年4月に小中学校に入学されるお子さんの保護者の方で、新入学学用品費の事前支給(通常6月以降に支給されるところ、3月に前倒し)を希望される方は申請してください。

※今回、事前支給を申請されない場合でも、入学してから申請し、4月からの認定を受けた場合には、6月以降に支給されます。

※平成30年度就学援助費を既に受給されている方でも、事前支給を希望する場合は申請が必要となります。

 

新入学学用品費の事前支給を受けられる方

次の項目に該当する方となります。

  1. 平成31年1月1日現在、山元町に住民登録のある方(入学前に転出予定の方は対象外)
  2. お子さんが平成31年4月に山元町内の小学校または中学校に入学予定(新1年生)の方
  3. 生活保護受給者世帯(要保護世帯)
  4. 生活保護に準ずる程度に経済的に生活が困窮している世帯で、次の事項に該当する場合(準要保護者)
  5. 前年度又は当該年度において、次のいずれかの措置を受けた者
  • 生活保護が保護の停止又は廃止となった世帯
  • 町民税が非課税又は減免されている世帯
  • 国民年金保険料の免除されている世帯
  • 国民健康保険税の徴収の猶予又は減免されている世帯
  • 児童扶養手当の受給を受けている世帯
  • 生活安定資金の貸付を受けている世帯

上記以外の者で、次のいずれかに該当する方

  • 失業対策事業適格者手帳を有する雇用労働者又は職業安定所登録日雇労働者である者
  • PTA会費、学級費等の学校納付金の減免が行われている者
  • 学校納付金の納付状況の悪い者、昼食、被服等が悪い者又は学用品、通学用品等に不自由している者等で保護者の生活状態が極めて悪いと認められる者
  • 経済的な理由による欠席日数が多い者
  • 世帯全員の前年収入の合計額が生活保護基準の1.3倍以下
  • その他、特に援助が必要であると教育長が認める者

【ご注意ください】…次に該当するときは、支給の対象となりません。

(1)     入学前に山元町から転出される方(予定のある方も対象外)

(2)     平成31年4月に山元町立の義務教育課程の小学校または中学校に入学されない方

(3)     上記の(1)(2)に該当し、新入学学用品費の事前支給を受けたときは全額返還していただくこととなりますので、可能性がある場合は申請書を提出せず、(1)の方は転出先の学校または教育委員会へお問い合わせください。

申請の手続き

 申請を希望される場合は、こちら [Wordファイル/83KB]の申請書にご記入の上、小学校へ入学される場合は山元町教育委員会学務課へ直接持参、もしくは郵送してください。中学校へ入学される場合は、在学している山元町立小学校へ届けるか、山元町教育委員会学務課へ直接持参、もしくは郵送してください。

※   申請書にはなるべく困難である事由を、思い当たる限りご記入ください。

※   申請書に必要書類(申請書の該当項目の右側をご参照ください)の写しを添付し、ご提出ください。

※   申請書に不備がある場合、支給が遅くなる事がありますので、確認の上、ご提出願います。

受付期間

  • 平成30年12月26日(水曜日)~平成31年1月31日(木曜日)

※   持参される場合、教育委員会学務課は12月29日(土曜日)~1月3日(木曜日)は閉庁となりますのでこの間は受付できません。

※   持参される場合、土日曜日、祝日を除く午前8時30分~午後5時15分の間に受付いたします。

申請に必要なもの

(1)    就学援助受給申請書(様式第1号)

(2)    口座振込用紙

(3)    通帳のコピー(保護者名義で振込先が分かるもの)

支給額及び支給時期

  • 支給予定額(新入学のお子さん一人につき)

(1)    小学校入学 40,600円

(2)    中学校入学 47,400円

  • 支給時期

申請書到着後、順次審査を行いますので、お早めに申請願います。

生活保護受給中の方へ

  • 生活保護費を受給されている場合は、保護費と合わせて入学準備金が支給されますので、新入学学用品費(事前支給)の申請はできません。

その他

  • 今回は、新入学学用品費(事前支給)のみの申請です。通常の就学援助費については、改めて配付し、申請受付を行いますので、今回認定となった方も、再度4月に就学援助費認定申請書の提出が必要です。