ページの先頭です。
トップページ > 教育 > 生涯学習 > 生涯学習施設 > 旧中浜小学校震災遺構保存整備事業について

旧中浜小学校震災遺構保存整備事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月7日更新

旧中浜小学校震災遺構保存整備事業について

  津波による甚大な被害や避難の状況などを伝承し、東日本大震災の風化防止と防災意識の向上を目的とした遺構の保存について検討しています。

  今年度については、設計業務を予定しております。

これまでの経緯について  

経緯

これからの取り組みについて

取り組み

 ※スケジュールについては予定であり、前後する場合があります。

現在の様子について

旧中浜小学校

                     被災にあった旧中浜小学校

※校舎内部は立入禁止、また東側屋根瓦において落下の恐れがありますので、建物に近づかないようお願い致します。

旧中浜小学校 現在の様子(外観360度カメラ)
旧中浜小学校 現在の様子(1階東側360度カメラ)
旧中浜小学校 現在の様子(2階西側360度カメラ)
旧中浜小学校 現在の様子(屋上360度カメラ)

お知らせ

  旧中浜小学校については、今後震災遺構として整備していくこととしており、設計業務を開始しております。

  遺構として公開するまで時間要することから、安全対策として侵入防止金網を設置し、校舎内部への立ち入りについて制限をさせていただきます。

  なお、下記のとおり設置工事が始まりますので、工事中はご協力のほどよろしくお願いいたします。

   工期(予定):平成29年12月15日から平成29年12月22日まで