ページの先頭です。

山元町宅地防災工事助成金

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月21日更新

東日本大震災により被災を受けた宅地で住宅の再建をする方へ

東日本大震災に伴う宅地防災工事に対し、補助金が交付されます。

○要件(以下1~3のいずれかに該当していること)

 1 被災住所が町内の津波防災区域第2種、3種区域に該当し、り災証明をお持ちの方

 2 津波浸水区域に該当している方

 3 10,000平方メートル以上の造成団地※1で二次被害の危険性があると認められる区域の方

○補助金の額

対象区域

第2種区域

第3種区域

津波浸水区域

造成団地※1

補 助

限度額※2

各対象工事※3の合計額の3分の2補助

(上限200万円)

各対象工事※3の合計額の3分の2補助

(上限150万円)

各対象工事※3の合計額の3分の2補助

(上限100万円)

各対象工事※3の合計額の3分の2補助

(上限150万円)

※1 町内の10,000平方メートル以上の造成団地(作田山団地・太陽ニュータウン・高瀬ガーデン・梅ヶ丘団地・文化ヶ丘)が対象となります。

※2 全ての方に補助上限額が交付される訳ではありません。

※3 各対象工事の補助金額は町の要綱で定めている補助単価により計算されます。

○対象者

 平成23年3月11日以前から対象区域で居住していた方で、同一敷地内に住宅を再建するために宅地防災工事を行う方を対象とします。

 なお、すでに宅地防災工事が完了している場合も対象となります。

○対象範囲

区域種別

対象範囲

津波防災区域第2種区域

・基礎の高さ30cmを超える部分

・盛土の高さ20cm以上

・よう壁の高さは実績

※イメージ図 [PDFファイル/91KB]

津波防災区域第3種区域

津波浸水区域

10,000平方メートル以上の造成団地

盛土の高さ20cm以上、よう壁の高さは実績

○申請受付期間と場所

申請受付期間

場  所

平成32年3月31日火曜日まで

施設管理室

9時から17時まで(土、日、祝日を除く)

○申請に必要なもの

 申請書(役場で用意します)、印鑑、建物および土地の登記簿謄本、所有者の承諾書(建物または土地が自己所有でない場合)、り災証明書、工事設計図(位置図、平面図、かさ上げ前後の断面図、構造図)、現況写真、業者からの見積書

○注意事項

 対象となる工事が平成32年3月31日までに完了しない場合には、補助対象となりませんので、ご注意ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)