ページの先頭です。
トップページ > くらし・環境 > 税金 > 軽自動車税 > 税止めの手続きについて

税止めの手続きについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月27日更新

 「税止め」とは、軽自動車または二輪の小型自動車をお持ちの方が、県外へ転出し、他県ナンバーを取得した場合に、ご自身で前住所地(課税地)の市町村に手続きをして、翌年度以降の軽自動車税の課税を止めることです。

【手続き方法】

・税止めの手続きをする場合は、山元町税務納税課まで下記の必要書類を持参いただくか、郵送してください。

・軽自動車については、全国の軽自動車協会で前住所地への税止め手続きの代行(有償)を行っていますので、転入先の軽自動車協会に確認してください。

【必要書類】

・軽自動車税申告書の控え(コピー可)

・車検証返納証明書もしくは届出済証返納証明書のコピー

・新ナンバー及び旧ナンバーの車検証のコピー

 

※ 税止めの手続きをしないと、山元町で車両の登録状況が把握できないので、軽自動車税が課税され続けてしまうことがありますので、忘れずに手続きをしてください。