ページの先頭です。
トップページ > 組織で探す > 税務納税課 > 東日本大震災による被害を受けた家屋(り災判定等の半壊以上)の修繕状況再調査

東日本大震災による被害を受けた家屋(り災判定等の半壊以上)の修繕状況再調査

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月27日更新

 この再調査は、総務省が定める固定資産評価基準から、り災判定度毎に家屋の損耗減点補正率の適用をしているため、平成26年度に調査を行った際に「修繕中である」あるいは「修繕していない」とご回答いただいた方へ、「修繕が完了した」場合、届出いただき評価見直しを行うものです。

 「修繕が完了した」とは、改築を含め被害のあった箇所全て修繕を完了した状態をいいます。

届出場所 税務納税課 課税班

 被災家屋修繕状況届出書 [PDFファイル/89KB]

フローチャート [PDFファイル/43KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)